婚活パーティーの体験談!魅力的な異性と出会う為の全知識

婚活パーティーの体験談!魅力的な異性と出会う為の全知識

エクシオなどの婚活パーティーに行ってみたいけど、実際にはどうなんだろう?参加すべきかどうか迷っている、サクラや経歴詐称はいるの?といった悩みから体験談を探している方も多いのではないでしょうか。現在、おおよその婚活パーティーでは基本の流れが共通になってきていますが、婚活パーティーが本当に自分には向いているかどうかや、成功率を上げるための秘訣、というのは流れを追う体験談だけではわからないものです。

今回は、筆者が実際にエクシオの婚活パーティーに参加した体験談を元に、当日の流れから成功するための秘訣、注意するべきポイントまでお話しします。あなたの婚活の成功のために、ぜひ参考にしてください。

筆者のスペック

それでは筆者のスペックをカンタンにご説明します。

  • 性別:男性
  • 年齢:30代前半
  • 年収:650万以上
  • 職業:都市圏在住の会社員
  • 身長:171cm
  • ルックス:見た目で損はしない程度

以上が筆者のスペックです。私が実際にエクシオの婚活パーティーに参加してきました。参加したパーティーは、「男性エグゼクティブ編(男性の年収500万以上)」です。

結果から先に言いますと、当日は3組のカップルが成立、筆者もそのうち1組に入ることができました。それでは当日の流れからまずご紹介します。

エクシオ婚活パーティー当日の流れ

HP等で前もって確認している方もいるかもしれませんので、当日の流れをかんたんに図解にしました。細かい流れや注意点についてはこの後詳しくお話しします。

婚活パーティーの流れ

婚活パーティーの体験談と注意点

それではいよいよ、婚活パーティーの体験談をお話していきます。前半が体験談と注意点が中心、後半はそこから筆者の見解で成功する為のコツや気をつけるべきポイントについてお話しします。たとえば後半をまず知りたい方は、前半は飛ばしてもらうなどしてかまいません。

会場到着

15分前に到着した段階で、先着は6~7名でした。しかし、開始までの時間で記入するプロフィールカードが後にカギを握ってきます。なにを書くか決めている人でも、実際記入するのには時間がかかります。20~15分前には到着しておくのが良いでしょう。

受付

落ち着いた男性の方が受付でした。当日はこの方が一人で司会進行・集計まで運営されているようでした。手慣れた進行と司会は安心できます。予約した名前と公的な身分証明書(免許証・保険証など)と、名刺を提示します。名刺は確認後、返却されます。

プロフィールカード等とエクシオ他サービスの案内が挟まれたバインダと、番号札を渡されて受付は完了です。

開始までの待ち時間

会場内に案内され、自分の番号があるテーブルに着席するように言われます。パーティーを通して男性が席を移る為、ソファではなく会場の中心側に座ります。

婚活パーティーレイアウト

すでに自分の向かいに女性が座っている場合もあります。この間会話をしてはいけないという決まりは特にありませんので、男女問わず良いなという異性が運よく向かいに座っていた方は、カンタンに挨拶と会話を交わしておくべきです。 後で詳しく触れますが、希望の異性と会話できるチャンスは非常に限られますのでここもチャンスと捉えましょう。

ただし、相手がプロフィールカードなどを記入する邪魔はしないようにしましょう。書き方に少し迷っているようであれば、「これを書くってさっき聞きました」などと、話しかけるのも自然な理由があっておすすめです。「自分は何回も来ているから知っている」と聞こえないように注意しましょう。

ちなみに、今回の参加者の人数・顔ぶれは以下のようになっていました。

人数:男性23人/女性23人 と均等な人数です。確認したところ女性の方が先に予約満席になった、との事でした。年齢層は以下の表のようになっています。 ※男性の年齢は、パーティー後、参加していた女性にそれとなく聞いて教えてもらいました。

年齢層 男性 女性
25~30歳 0人 4人
30~35歳 2人 8人
35~40歳 16人 9人
40歳以上 5人 2人

パーティー前半:1対1で全員と会話

司会の方の合図と共に、いよいよパーティーが始まりました。まずは自分の正面に座っている女性と会話します。1人あたりの制限時間は3分と短いため、会話のペースに慣れず、あまり相手のことを知れないまま制限時間を迎えたことも最初の数人はありました。

短時間で相手の印象をつかむことと、相手に覚えてもらうことが大切です。時間がくると、男性が時計回りに移動していき、これを一周するまで行います。今回は23人×2が参加しているので、1時間ほど行われました。

注意点

男性・女性ともに言えることですが、あまり興味がない異性でも、これみよがしな態度はやめましょう。みなさん正確に判断をするため、隣の席で話している異性をチェックしている方もいますし、それぞれの席は30cm程度しか離れていません。ここで仏頂面だと、その他異性からの印象も悪くしてしまいます。

アプローチタイム:印象確認カードとアプローチカードを記入

10分ほどの時間で、印象カードとアプローチカードを記入します。それぞれの内容は以下のようなものです。

印象確認カード

自分が印象が良かったな、もう1回話してもいいな、という異性に○をつけます。集計して戻された際に、自分に○をつけた方が誰かが番号で分かります。できるだけ多くの異性に印象を残したい方は多めにチェックをしておきましょう。あなたがどれだけ○をつけたかは、誰にも分からないので安心です。

アプローチカード

1人あたり2枚割り振られています。このカードの提出は必須とのことです。もう一度話したい異性、特にメッセージを送りたい異性に向けて自由に記入します。上の印象カードと違って、アプローチカードは2枚しかなく、このカードを受け取ったら 相手の印象はかなり良いと思っていいでしょう。

ちなみにこのカードの集計結果は「フリータイム中」に戻ってきます。フリータイム中にはとても確認する時間がないのと、後述するようなマイナス要因があるので前もって渡してほしい、とも思うのですが、今のところそういう仕組みなのでしかたないでしょう。 このカードは、フリータイム中でも必ず確認するべきです。

フリータイム

ここからは人気のある異性は激戦になるフリータイムです。女性は席に座ったまま、男性が希望の女性のところへ席を移動して話します。以下のルールが事前に説明されていました。

  1. 会話は1人あたり3分間×5回
  2. 1人の女性に複数の男性が座るのは禁止
  3. 一度話した女性とは再びは話せない

ということです。筆者が好印象を持った女性は3名ほどいましたが、どの方も人気の様子でした。しかもそれぞれ席が離れていたため、

  • 席に向かうも、先に男性が座ってしまった
  • 離れた席の女性のところにも同時に男性が座っていた
  • 結局、3名のどの席にも座れず

といったことが往々にして起こります。主に男性に向けてになりますが、もしどうしても話したい異性がいたなら、1回はあえて希望は置いておいて、目当ての女性の近くに座るようにする、といったことも有効でしょう。

う。またその1回の会話も無駄にはなりません。女性に不快感を抱かせてもいけませんし、話すうちに意外な共通点が見えて印象が変わる可能性もあります。せっかくの会話ですからぜひ楽しみましょう。

フリータイム中に印象確認カード・アプローチカードが配られる

この途中で、さきほどの印象カードの集計と、アプローチカードが渡されます。先ほどもお伝えしましたが、フリータイム中でもこれらのカードは必ず確認するべきです。

非常に短い時間ですが、席移動中がおすすめです、というよりそこしか見る場面がありません。方法としては諸刃の剣ですが、一回トイレに立って確認する、という方もいるようです。

このタイミングで起こりうるリスク

事例として、筆者が実際に一点失敗してしまったことがあります。実際、好印象だった女性は3名いたのですが、一番好印象をもっていた女性から「ぜひもう一度話したいです」というカードをもらっていた事にフリータイム後に気づきました

フリータイム中は、その女性の席につくことは叶いませんでしたが、それを見ていたら、確実にその席に座れるように、上記のように1回分使って隣に座る、などの行動もとれたかなと思います。

結局、その女性は別の男性とカップリングしていました。フリータイム中のアピールやアプローチカードがなければ、女性としても「もういいかな」と思ってしまうのでこの結果はしかたないでしょう。アプローチカードに関しても、フリータイム中にもう一度話そうかと思っていたので、あえてその女性には書きませんでした。

対策:アプローチカードは最後のメッセージのつもりで書く

男女ともに言えますが、フリータイムでもう一度話せることに期待せず、いいなと思ったら、連絡先を書くところまでやっておくべきだと思います。一度も話せないままフリータイムが終わってしまう事もざらだからです。その上で運よくその異性ともう一度会話ができたなら、「さっきカードに連絡先まで書いちゃったんですけど」などと笑って言えば、自然に受け入れられやすくなります。

筆者に渡された印象確認カードの集計とアプローチカード

こちらが、印象確認カードの集計とアプローチカードです。

印象確認カード集計

印象カードに、ピンクのチェックがついているのが、筆者に「印象が良かった」として○をつけてくれた女性の番号です。とてもありがたいことに、13名の女性から○をつけてもらいました。

しかしこれは、何名にチェックをしてもOKになっていますので、どちらかといえば自分が○をつけた異性が、自分に○をつけてくれているか(この場合は、11、12、20番の女性になります)をよく確認しておけばよいでしょう。

ここが合致していると、この時点での進捗は非常に良いと思います。このあとのフリータイムで、この異性ともう一度話せれば、カップル成立の可能性がより高まるでしょう。

アプローチカード

アプローチカードは、計4枚をいただきました。ちなみに番号は伏せますが、もう一度話したい、とチェックしてくれたのは最初の席順で自分の近くの人が多いと思いました。3分という会話時間はどうしても短く、パーティースタートまでの待ち時間で異性の印象を見ている可能性はあるのかもしれません。

最終投票カードの記入

全5回のフリータイムが終了すると、最終投票カードの記入を行います。第1~5希望まで、5名の記入スペースがあります。カップル成立の可能性を上げたい方は、5名まで記入するようにしましょう。今回、筆者は好印象をもっていた女性3名の番号を記入しました。

この後は、集計のための待ち時間になります。その間はエクシオのサービスが特集されたTV番組などの映像を見ます。とはいえ向かいの異性と話をして過ごす方が多くいました。

カップル発表

いよいよ緊張の結果発表です。この結果は司会の方から発表されます。今回は3組のカップルが生まれたとのことでした。

誰と誰がカップルになったのかは番号で発表されます。男性○番と女性○番、という具合ですので、自分の番号を聞き逃さないようにしましょう。筆者もドキドキしながら待ちましたが最後、3組目の発表で、第2希望に記入した女性と無事カップル成立となることができました。

カップル発表後、男性が先に退出し、カップル成立した男性は階下のエレベーター前に相手の女性を待つ形になります。これは、誰がカップル成立しなかった方なのかを分からなくする会場側の配慮で非常に良いと思います。

補足になりますが、カップル成立しなかった男性も、手慣れているのか、下で目当ての女性を待っていて声をかける方もいました。厳密にはルール違反にはなるだろうと思うのですが、そんなやり方をする方もいるようです。

5分ほど待った後、相手の女性と合流できました。そのあと、わたしがすぐに出張で移動する必要があったので、連絡先の交換をして別れました。ゆっくりお茶などする時間はなかったのですが、その女性とは近日中にもう一度会う約束をしています。

結論を言えば、非常に有意義なパーティーだったと思います。ここからは実際に参加した体験から、成功するための秘訣や注意点をお話しします。筆者の見解も含まれますが、ぜひ参考にしてください。

魅力的な異性とカップルになる為の4つの秘訣

一度のパーティーで、魅力的な異性が参加している可能性は、男女ともに高くはないでしょう。それだけに、せっかく出会えた魅力的な相手とカップルになるために知っておいた方がいい秘訣をお伝えします。

1.自然な共通点の発見:相手から多くの情報を引き出す

日常生活でも、出会った異性に対して共通点が多く見つかって、相手に好印象を抱いた経験がある方もいるのではないでしょうか。恋愛・結婚において、共通点があることは、相手との距離を縮めるうえで非常に大切です。 3分間の会話であってもそれは同じことです。

それだけに、相手と共通点をなんとか探そうとして、一方的な質問攻めや無理のあるこじつけに陥っている例もあります。

筆者が大切にしているのは 「自分のエピソードから、相手のエピソードを引き出す」ことです。具体的には、自分のこと(具体的なエピソード)を話し、あなたはどうですか?と振る手法です。以下に例を挙げてみます。

男性:「仕事から帰ると、バターンってすぐ寝ちゃって。だから平日のTVってあまり観れないんですよ。○○さんは夜型ですか?」

のように話すと、相手にはたとえば以下のような情報が伝わります。

  • 平日は仕事をしている
  • 帰ってくるとすぐ寝てしまう(仕事が夜遅い?)
  • あまり夜起きているタイプではなさそう
  • 平日のTVはあまり観ない

ざっくりとした例ですが、エピソードを絡めることで、これだけの情報を一度に伝えることができます。それに対して、相手からはたとえばこのような返しが予想できます。

  • 私も夜起きてられないんですよ、結構早く寝ちゃいます(夜が苦手という共通点)
  • 私も、仕事が遅いのですぐ寝ちゃいますね(仕事が遅い、すぐ寝るという共通点)
  • 私は夜意外に強くて。平日のゴールデンは欠かさず見てます(相手は平日の夜起きていてTVを見ている)

最後は共通点ではありませんが、エピソードをもらうことで会話の糸口になりますし、相手の帰宅後の過ごし方がわかります。たとえば、そのあとは、(昔からよくTVを見ていたのかな?)(昔よく見ていたドラマが同じかもしれない) といった会話の可能性が広がります。

むずかしく考える必要はありません。とにかく気をつけることは、

  • 自分のことを話す時は必ずエピソードで話す
  • そのあとで、必ず相手に振る

という2点です。ぜひ実践してみてください。

2.プロフィールカードはこだわって書く

意外に思ったのが、プロフィールカードをあまり書いていない人が多いことです。もしかしたら、女性は多くを書きすぎると必死さが伝わって引かれると思うのかもしれません。これは私見ですが、書きすぎても引かれることはありません。

ちなみに、3分で人が話せる文字数はどのくらいかと言えば、せいぜい700文字といったところです。相手と半々で会話すると考えても350文字です。文字数にすると意外と少ないですよね。

本来、プロフィールカードに書いておくことで事足りる情報の交換をできていない方が多いです。貴重な3分を、基本的なプロフィールの伝達で終わらないようにしましょう。全部を埋めるとまではいいませんので、個人情報欄は除いて7割程度は埋めておくようにしましょう。

実際、筆者が好印象を持った女性は、プロフィールカードをかなり具体的に書いていました。以下に、事例をお伝えします。

好印象だった女性のプロフィールカードの書き方

可愛いイラストを使っている

例:行きたいところ:ごはんのイラスト、スキューバダイビング:魚のイラストなど

絵のタッチも可愛らしく、スキューバと書いているのに魚しか描いていないのも何処かいじりがいがあり、可愛らしいと思いました。ぜひ、女性ならではのやわらかいイラストで男性の気持ちを惹くと良いと思います。

具体的に書いている

例:趣味 映画だけでなく、作品名まで書いている

趣味が映画といっても洋画なのか?邦画なのか?でずいぶん違います。その確認で時間も使ってしまいますし、「邦画好きなんですか?」「いえ、どっちかといえば洋画ですね」となれば、盛り上がりかけた会話も失速してしまいます。

相手に話しやすさを提供すると意味でも、具体的な項目を書きましょう。こういった気遣いによる自然な話しやすさは、相手が自身でそれと意識していなくても「居心地が良い人だな」と相手に認識されることもあります。

プロフィールカードは事前に項目・書き方を知っておくべき

実際思ったのが、プロフィールカードは当日すらすら書きにくいという事です。正直、こういったシートを記入するのにふだん全く迷わないのですが、それでも5~10分程度かかりました。

何を書くかを事前に知っておき、頭に入れておくだけでずいぶん効率が良くなります。以下がプロフィールの記入項目になりますので、事前に考えておきましょう。

プロフィールカード質問項目と記入例

※エクシオ公式HPより引用

3.明るく笑う方には外見関係なく好印象を抱く

やはり、3分間というコミュニケーションで成り立つ婚活パーティーにおいて、よく笑う方は好印象を抱きます。筆者が参加した中でも、印象的な女性が1人いらっしゃいました。

たいへん失礼を承知で言えば、美人や可愛い、という方ではなかったのですが、相手の話を受けてよくコロコロと笑う表情がとても印象的でした。たとえ美人であっても表情の乏しい方は、むしろ美人だからこそ「自分には興味がないのかな…」と思われ 投票もされない=マッチングには至りません。

この女性も、最終的にカップルになった3組に入っていました。ニコニコと笑って自分の話を聞いてくれる女性へ男性が好印象を抱くということには、外見はほとんど関係ないという証明だと思います。もちろん人による部分は大きいことと、初対面で緊張することもあると思いますが、笑顔は男性も話しやすくなり、会話をリードしてくれるので、あなたにとってもプラスになります。成功確率を上げるためにもぜひ意識しておきましょう。

4.年齢が離れていてもそこに触れない

これは、秘訣というよりは避けたほうがいい事例です。40代の女性で、やたら自分と一回り違うのか、違わないのかを年単位でこだわっていた方がいました。正直言って、3分の会話で掘り下げるところはそこではないと思いますし、マイナスにしかなりません。

カードを受け取っている時点で年齢は分かりますし、そこまで卑屈になられると男性側も気になってきます。年齢が離れている認識があるなら、なおさら触れるべきではありません。

トラブルのリスクと対策

心配する方も多いのが、婚活パーティーにはサクラはいないのか?特に年収限定のパーティーなら経歴詐称や年収に嘘もあるのでは?といったことでしょう。こちらについて筆者の見解をお伝えします。

経歴詐称のリスクについて

率直に言って、経歴詐称が無いとは言い切れません。こういった年収条件のある婚活パーティーでは、受付の際の確認書類には、公的な身分証明書と、勤め先の名刺が必須であることが多いのですが、ここから正確に年収を判断することはできません。自己申告に任せるしかないのが現状です。

遊び目的について

遊び目的や、体目当てで参加しているのではないか、という心配も女性から時々耳にします。これは、カジュアルな出会いの婚活パーティーだからこそとも言えます。全員が本気で結婚を考えているとは限らない、というのが婚活パーティーの特徴のひとつだからです。

あくまで自己申告なので、完全に防ぐ術はありません。しかし、女性の場合はそういった異性に引っかからない対策はあります。(男性に対して、「この人遊び目的では?」という疑いを持った場合に限ってのみ使いましょう)

デートの話題や、行ってみたいところの話が出たなら、「最初は緊張しちゃうから、2時間以上はとてもいれないですね笑」などと言ってみましょう。

遊び目的の男性がもしいたとして、そのような男性は「簡単に遊べそうな女性や、後腐れのない女性」「簡単についてきそうな女性」を求めるため、この段階であなたを対象外にすることができます。もし男性が本気で婚活をしていた場合、 面倒くさい人かな?と思われないように、あくまで冗談めかしておくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか。エクシオ婚活パーティーの体験談から、婚活パーティーで成功するための秘訣・注意点についてお話しました。婚活パーティーでは毎回多くの異性と話をする機会がありますので、攻略法を知っておくことで魅力的な異性と出会える可能性が上がります。ぜひ今回の記事を参考にしてください。あなたの婚活の成功を祈っています。