もう「相席居酒屋」で無駄遣いしない!誰も教えてくれなかった相席屋の攻略法

もう「相席居酒屋」で無駄遣いしない!誰も教えてくれなかった相席屋の攻略法

相席居酒屋というシステムはすっかり一般にも浸透したイメージですが、その筆頭である相席屋について「まだ行ったことないけど実際はどうなの?」「本当に素敵な女性と出会えるのか?」「何回も行っているけどうまくいかない…」と悩んでいる男性も多いと思います。

相席屋は婚活応援酒場を謳っていますが、男性にとっては「結婚につながる出会いを期待するところではない」と筆者は考えています。理由は、そこにいる女性は「暇つぶしに来ている女性が大半だから」です。しかし成功率を上げる秘訣を知れば、相席屋を出会いの場に変えることは可能です。

今回は都内の相席居酒屋スタッフへの取材と筆者の経験を元に、相席屋の具体的な攻略法と注意点をお伝えします。「相席屋でもうお金と時間を無駄にしたくない!!」という方は、ぜひ参考にしてください。
※取材元は相席屋とはシステムは同じですが別のチェーンですので「相席居酒屋」と「相席屋」の表記で区別します。

相席屋の仕組みを簡単に紹介

既に行ったことがあるという方もいるかもしれませんが、相席屋の仕組みを簡単にお伝えします。以下の図をご覧ください。

相席屋の流れ

相席屋の料金体系

料金体系は以下のようになっています。

男性・相席時料金

男性・相席時 最初の30分 以降10分ごと
平日飲み放題 1,500円 500円
金土日祝前日飲み放題 1,800円 600円

男性・通常時および女性料金

男性通常時 一杯500円
女性(共通) 飲み食べ放題無料※一部除く

男性からのチェンジは可能なのか

チェンジも可能ですが、最初の30分間はチェンジできないルールです。また店舗の女性組数によってはチェンジができないこともあります。チェンジは店員に申告し、申し出た性別が席を移動します。また、そのまま席を移れる場合の他に、一度お店を出て、再度入り直す(最初の入店時から時間は継続になります)場合があります。

会計の計算方法

入店時に番号札を渡されますので、退出時の経過時間で上記の料金体系にしたがって清算を行います。

相席屋にはどんな女性が来るのか

次に、相席屋に来る女性層について具体的にお伝えします。これは取材の結果と、筆者の経験による見解も含まれますが大きく3つに分かれます。

相席居酒屋に来る女性

タイプ1.お金をかけずにご飯・お酒が飲みたい女性

割合として多いのが、お金を払わずにご飯・お酒が飲みたい層、一言でいえば「タダ飯目当て」の女性です。中には遠慮なく男性に追加の注文・お酒を要望する女性もいます。こういった女性の中にはかなりがめつい性格もいますので相席になって楽しい相手ではありません。

実際にあった例では、筆者の友人は2時間の相席中、何か発言するたびに1人の女性から中指を立てられるというとんでもない体験をしたそうです。(なぜ、すぐにチェンジをして席を立たなかったか不思議ではありますが)

タイプ2.クラブがオープンするまでの暇潰し女性

立地によりますが、新宿・渋谷や、大阪・名古屋・福岡などの都市圏で一番多いのがこのタイプです。クラブが最も盛況になる時間帯は21:00~23:00頃です。(風営法の規制で、早めに閉まるクラブ界隈はピークタイムはもう少し早くなります)

その時間になるまで、お酒が飲めて時間を潰せる、というのが彼女たちの相席屋の使い方です。

タイプ3.割合は少ないが「婚活まではしたくないけど出会いを探している」女性

全体で言うと割合は極端に少ないですが、出会いを求めて相席屋を訪れるタイプです。しかし「結婚相手を探して」という方はその中でも更に稀少です。「良い異性がいれば…」という感覚で来ている女性が多いと考えられます。

以上が相席屋に来る主な女性のタイプです。立地によって若干変わりますが、基本的なバランスはほぼ共通だと考えています。一方で、男性は多くが出会い目的に来ているので、1.2.のタイプの女性に当たった時には「全然会話が弾まなかった(そもそも会話をするつもりが感じられなかった」となることが多いのです。

1.のタイプは付き合う相手や遊び相手としてもおすすめしませんので、男性が狙うべきはまず3.次いで2.のタイプです。いよいよ具体的な秘訣をお話ししていきますが、攻略法は難易度:低~中~高と段階を分けてご紹介します。
それぞれ、このような男性におすすめというポイントも合わせてお伝えしますので、実践の参考にしてください。

相席屋攻略法:難易度 低

このポイントをおすすめするのは以下のような男性です。

  • 社内などの女性とは普通に話はできるが、初対面の女性との会話は少し苦手
  • 合コンなどでは盛り上げ役に回ることは少ない

①入るべき時間帯を知る

相席屋では、入店する時間選びも非常に重要です。前提として、女性が多く集まるのは週末になりますが、そのうえでも女性と男性では、集中的に入店する時間帯が異なります。以下は六本木の相席居酒屋の例ですが、このような傾向が見られます。

女性は16:00過ぎ~21:00頃まで

女性の入店ピーク時間は早めとなっており、16:00過ぎから入り始め21:00には退店していきます。これは、先ほど挙げた「クラブまでの暇潰し」とまったく無関係ではないと推測できます。

男性は20:00過ぎ~終電まで

一方、男性は女性より遅く20:00過ぎから入り始めて、終電で退店していきます。平日の仕事後ともなればこの傾向はより顕著です。この時間帯で入店する時点で、相席になれる可能性が下がってしまいます。

女性が多く男性が少ない時間帯は17:00~19:00の間

当然、女性が多く男性が少ない時間帯を狙えば、好みの女性と相席になれる可能性が高まります。17:00~19:00の間の、ライバルが少なく、女性も多くなる時間帯に入店しましょう。最初どの女性と相席になるかは選べませんが、男女比が半々の時よりも明らかに自由にチェンジが行えるからです。その結果、運よくタイプの女性と出会えたらチャンスです。これからお話しする秘訣をできる限り実践してみてください。

補足:「美味しい」時間帯を見分けるのにアプリも有効

相席屋が提供している公式アプリでは、店舗ごとの現在の男女比を見ることができます。完全にリアルタイムの情報が追えるわけではありませんが、このアプリで明らかに女性が多く、男性が少ないときはチャンスです。上記のポイントと合わせて、確認用に利用するとベストです。

iTunes「相席屋公式アプリ」
Google Play「相席屋公式アプリ」

相席屋攻略法:難易度 中

このポイントをおすすめするのは以下のような男性です。

  • 会話や場を盛り上げるのが好き
  • 初対面の女性と話すのが得意

②すぐ連れ出そうとしない

遊び慣れた男性でも意外に陥りがちなのがこのケースです。男性の気持ちを考えれば当然ですが、相席屋は男性側だけに金銭的な負担があるシステムです。正直話もそこそこに、お店から連れ出したいと思う方が多いでしょう。しかし、その態度は女性からするとほぼ見抜かれてしまいます。

30分~1時間で外に出よう出ようという態度が見え隠れする男性に対しては、女性も完全にシャットアウトしてくるか、チェンジされてしまいます。(女性が男性に対して、食いつきがある場合を除きます)確実に繋げたい場合はぐっと我慢して、最低1時間半ほどは粘ってみるのが確実です。

注意点①

誰と相席になるか分からない相席屋ですから、明らかに乗り気でなかったり「なんか微妙だな…」という女性に対してこの方法は時間とお金の無駄です。「今日は結構ついてる!」という女性に当たった時のみ、実行するのが良いでしょう。

注意点②

遊びなれた男性がこの落とし穴にはまりがちなのは「自分なら連れ出せる」という自負があるからこそ、何時間もいるなんて勿体無い!と思うわけです。

実際お店では、遊び人らしい男性がことごとく1時間前後でチェンジされる、という風景もよく目にするそうです。自信がある男性ほど、女性の様子(こちらの意図に気付いているかいないか)に見落としがないかよく観察してみてください。

③一緒に連れていく男性は幹事役ができることが望ましい

相席になった際に一番最悪なのは、女性同士で話を始めてしまうことです。相席屋が合コンと違う点は、幹事役がいないことが挙げられます。最初に男女で会話する方向に持っていけないと延々と女性同士で話し始めてしまうということになりかねません。

この場合、ベタですが幹事役を立てるのが最も有効です。一緒に行く男性は幹事役ができる方がいいでしょう。とはいっても、話が上手いとか盛り上げ上手である必要はありません。

  • 自分たちの紹介ができる
  • 乾杯のきっかけを作れる

というように、最低限、場を円滑に回せるような振りができる方なら充分です。自分の振る舞いだけではなく、一緒に行ける方の人選次第でもあることから難易度は中にしました。

④(攻略法②を守れば)”飲み直そう作戦”は有効

これは、攻略法②を守っていただいた次の秘訣です。相席屋の料理・飲み物は率直にいって上質ではありません。特にフード系は無料のものもありますが、正直なところおつまみ以下のクオリティだったりします。そのため「連れ出そうとがっついてないな」という印象を相手に与えることができたら、「お酒の美味しいお店があるからそこで飲みなおそう」は有効です。

女性を誘い出すのが苦手な男性でも、お店チョイス次第で十分連れ出せます。ここではのポイントは「ご飯」よりも「お酒」の美味しさで押すことです。また、お酒についても女性が飲んでいるドリンクをチェックして

  • 薫りがめちゃくちゃ良いワインを出してくれるお店があるよ
  • キンキンに冷えたハイボールを特製のグラスで出してくれるところがあるよ

と具体的に言えるとベストです。実際に、連れ出し先の店で上記のようなお酒が出てこなくてもあまり気にすることはありません。

注意点

ただし、クラブに行こうとしている女性にはこの作戦だけでは通用しません。「この後でクラブに行く」という明確な予定を決めているからです。難易度は上がりますが、以下の秘訣を実践してみてください。

相席屋攻略法:難易度 高

このポイントをおすすめするのは以下のような男性です。

  • クラブにも行き慣れていて、その場で女性と連絡先を交換・飲み直すまで持っていける
  • 女性から自然に情報を引き出すことが得意
相席居酒屋攻略法:難易度高

⑤サラリーマン然としたスタイルから脱皮する

女性タイプ2.のような「その後クラブに行きたい」という女性を狙う場合、サラリーマンのスーツスタイルとはかなり相性が悪いです。仕事帰りの場合は、スーツであることも多いと思いますが、この後クラブにも繰り出せるスタイルで臨むのが女性受けも良くなります。とはいえ「どういう服装をすればいいの?」という方もいるでしょう。スーツの場合の事例を挙げるなら、

  • ネクタイを外しただけのスタイルにしない
  • 白シャツは着替えて、色つき・柄あり等に替える
  • 中にシンプルなカットソー・TシャツでもOK。その場合はチーフやカフスで遊びをつける

のようなことです。わざとらしいくらい夜遊び風でも相席屋の女性層には引かれにくいとの見解を持っています。スーツからネクタイだけを外した白シャツのスタイルは、サラリーマンっぽさはしっかり残ってしまうため、この場合はおすすめしません。

またこの後の流れとして、できれば一緒にクラブに行くのは避けてください。往々にして、クラブではぐれてそのままフェードアウトしてしまいますし、あえてライバルが多いクラブに連れていくことはありません。そのために、以下のポイントも知っておいていただきたいと思います。

⑥相手に「クラブまでの繋ぎだよね?」と聞いてみる

明らかにクラブに行きそうにない雰囲気の女性を除いては、初めからこう切り出してしまうのもひとつです。この質問の真意は以下のような会話の掘下げへ繋げたいからです。

  • クラブに何を求めているかを知る
  • クラブにはまったきっかけを知る
  • 今、クラブにいて何を楽しいと感じているのかを知る

これらを聞き出すことで、「クラブに行くより一緒にいた方が楽しい」と思わせるためには何を打ち出せば良いか想像がつきます。たとえば、以下のようなことが考えられます。

音楽と一緒に体を動かす・ダンスできる場所を求めているなら

「フロアが空いてて、良い曲がかかるDJバーがあるから行ってみよう」がおすすめです。DJバーというのがポイントです。そこまでお客がいない為、クラブのピークタイムならある程度貸切状態にできます。

一方で無人という訳でもないので、踊りたいという女性も躊躇しにくくなります。とはいえ個人的な見解では、こういう女性は他にお客がいなくても踊れるタイプだと思います。

知らない人と話すのが好きなら

変則的と思うかもしれませんが、この場合の筆者のおすすめは「オカマバー」「オナベバー」の類へ連れていくことです。話し上手や盛り上げ上手が多い一方、どちらにせよ女性を恋愛対象に見ていないため邪魔が入ることもありません。

また特有の口調で聞きにくいことまで切り込んでくれるため、あなたの代わりに相手の恋愛軸なども聞き出してくれます。

コラム:若い方と出会いたいなら相席居酒屋は魅力

取材をしている際に意外だったのが、「女性で30代の方は入店をやんわり断っている」という事実です。

  • 女性は多少断っても自然と来店してくるため
  • 20代女性が集まってくる、というのが男性客の引きになること

これらの理由で30代女性は「満席になってしまったので…」と入店をお断りしているということでした。もちろん、相席屋でそのようなことが起こっているかまでは分かりませんが、相席屋含む相席居酒屋では20代の若い女性と出会える可能性が高いということになるのではと思います。

まとめ

いかがでしたか。今回は、相席居酒屋の裏話を背景に、相席屋に来る女性の傾向と相席屋で男性が女性とうまくいく為の攻略法をお伝えしました。

これからの季節、空調の利いた室内で過ごしたいと相席屋に集まる女性も多くなると思われます。相席屋で素敵な女性と出会うために、ぜひ今回の内容を参考にしてください。